"不動産屋のタイプや、その不動産屋で取り扱っている物件の特徴を捉えても、不動産屋自体が悪ければ、良い物件には出会えません。
つまり物件探しでは不動産屋がキーとなっており、良し悪しを無抜くことが大切なのです。

 

不動産屋は、私達が生活する上でなくてはならない存在となっています。
そんな不動産屋の中には、何年も入居が見つからないような不人気物件を紹介してくることもあるので十分にご注意ください。

 

客の本音や不満、ニーズを受け入れて、親身になって検討してくれる不動産屋を選ぶ事が、良い物件へと辿り着くこととなります。
実際にその不動産屋を利用したことのある人から情報をもらったり、口コミサイトなどを確認しておくと良いでしょう。"



素晴らしい賃貸物件選びのコツブログ:14-1-2022

ぼくは高校を卒業し、
地元から少し遠い大学に進学したため、
ひとり暮らしを始めた。

少しづつ学生生活にも慣れ、
楽しく毎日を過ごしているとき、
ぼくに試練が与えられた。

ある日の授業中、突然顔の右半分が麻痺し、
思うように動かなくなってしまった。
急いで病院に向かった。
仕事が終わったばかりの親父も病院にかけつけてくれた。

医師の診断によると、
ぼくの病名は、顔面神経麻痺。
環境の変化によるストレスからの麻痺ということだった。

人によって治るは早さは様々だが、早くても一ヶ月。
長いと半年くらいかかるとのこと。

その日は、薬をもらい、帰宅した。
ぼくは、怖くて怖くて仕方がなかった。

目が閉じられない。うがいが出来ない。笑うことができない。
昨日まで普通に出来ていたことが、いきなり出来なくなった…

ぼくは精神的にもすごく落ち込んでしまった。
しかし親父もママも、ぼくを献身的に支えてくれた。

実家に帰ったら、
上手く食事ができないぼくのために、
ママはやわらかい食べ物を作ってくれた。

顔が動かせないぼくのために、
親父はマッサージを教えてくれた。

ぼくは、病気が治ったら、
笑って「ありがとう」って言おう!と心に誓った。
それから、毎日薬を忘れずに飲み、マッサージも続けた。

そして、発症から一ヶ月ほどしたある朝方、
「おはよう」というママに、
口角がしっかり上がった笑顔で「おはよう」と返せた。
とても嬉しかった。

そのことに親父とママが喜んでくれたことが嬉しかった。
ぼくは笑顔で「ありがとう」って言った。 

病気なんて、ならないほうが良いに決まっている!
でも、今回の病気で、
親父と親父に「ありがとう」って純粋に言うことが出来た。

怖かったけれど、嫌だったけれど、
ぼくは確実に成長できた。